塾に行っても成績伸びない理由と解決法、子どもがすべきこと&母が出来ること

お子さんの勉強について日々頭を悩ませているあなた。
お子さんの今の状態が以下の項目に2つ以上当てはまる場合は、
この記事を読んで実践していただくのがおすすめです↓↓↓

○塾に通っているのに、全然成績が伸びない
○今までに塾を何度も替えているが、どこに行っても変わらない
○「英語の先生がキライ」「数学の先生と合わない」という理由で苦手
○塾に行くだけで満足して家で勉強しない
○家で勉強している姿を見ると、「答えをノートに写して終わり」になっている
○テスト前になったら、教科書の字面だけを必死に覚えようとしている
○子どもに「学校の宿題やったの!?塾の宿題やったの!?」と言い続けることにもう疲れた

dabe1d0fbcaeb16878fb6083d807d561_s

いかがでしょうか?
2つどころかたくさん当てはまる!という方の
「じゃあ、どうすればいいの??」
という疑問にお答えしたいと思います!

塾に通っているのに全然成績が伸びない

塾に通っているのに全然成績が伸びない…とお悩みのお母様。
「授業の雰囲気が合わないのかしら?」
「先生の教え方がわかりにくいのかしら?」
「もっとこの子のヤル気を上げてくれる、分かりやすい授業をしてくれる塾に替えよう!」

こんな風に悩まれて新しく私たちの塾へ入塾されたお母様を、
管理人は塾講師時代に幾度となく見てきました。
今までにも何軒も塾を渡り歩き、
しかし思うように成績が伸びず困っている・・・

2a184d5603a055009dbc3e3fb7fa75c3_s

もしあなたとお子さんが同じような状況なら、
ぜひ今行っている塾を見直す前に、
お子さんとあなた自身で改善できる点はないか振り返ってみてください!

ちなみに
「先生がただわかりやすい説明をしてくれる授業」を受けるだけでは、
お子さんの成績は伸びません。

もし優良な授業を受けるだけで成績が伸びるのなら、
カリスマ講師の授業を受けている生徒は全員東大合格レベルに達するはず
ですよね。
しかし現実には、大きく飛躍する子と伸び悩む子に分かれます。
なぜでしょう?

それは、授業の受け方と家庭学習の取り組みに差があるからです。

本当に成績が上がるための塾での正しい授業の受け方

お子さんが成績を上げるために必要なのは転塾することではなく、
「今日学んだことを自分で説明できる、家で・テストで一人できるための振り返り」
です。

そのために、授業・宿題では以下の内容を意識して取り組んでもらい、
正しい学習法を身につけてもらいたいと考えています。

授業での取り組み

c6bc8f4e8bbbf46c82f4c503739e1893_s

・間違えた問題には印をつける
・答え合わせをするときは×の問題の正解を赤ペンで書き写して終わりにせず、
授業後や家でもう一度解き直しをする
・先生の説明を聞くとき、解説を読んだり丸付けをするときには大事なこと(自分が知らなかったこと、間違えやすいポイント)はノートにメモを取り後で見返す

・問題を解き終わったら「終わったー」と投げ出さず、
「どうやってこの答えを出したのか?」
「なんでそう思ったのか?」
「これはどうして間違えたのか分かったか?」

を自分自身で振り返り、答えられるようにする。
正解しても質問に答えられなかったら、たまたま正解した可能性が高いので気をつける(笑)
分からないところが分かるようになるために塾はあるので、授業中にどんどん間違えて賢くなろう!

宿題での取り組み

ec8bcd972b791475f24ae64d5a79e619_s

・授業があった次の日までには取りかかろう。
5~7割忘れた頃に復習することで、授業での内容も思い出せるよ。
(人間は学習して1時間後に54%、1日後には74%覚えた内容を忘れてしまうと言われています。←エビングハウスの忘却曲線より)

・授業ノートや例題・解答を見ずに、自力で解いてみよう。
わからなければ授業ノート等で確認し、ここでも
「何を覚えていなかったか」
「どこを直せば良かったか」

を口で説明できるようにしておこう。

・暗記の宿題は「目で見る」だけで覚えるのは難しいし、
1回で覚えるのも難しいもの。
「声に出しながら書く」
「資料やイラストを見て、用語と関連付けて覚える」
「自分でテストを作って取り組む」「リズムに乗せて覚える」
「文章と併せて覚える」

などを2回3回と繰り返して、暗記内容を自分の脳に染み込ませよう。
自分に合ったやり方が見つかるまで試してみよう。

・例題や解説を見てもわからなかった、辞書や教科書、参考書、ネット検索等で調べても載っていなかったら塾で先生に質問しよう。
すぐに人に聞かずに、『まずは自分で考える、調べる』という癖をつけておくと就職してからも役に立つよ!

・・・と、今まではお子さんに取り組んでもらいたいことを書き出しましたが、
せっかくなのでお母さんに取り組んでいただきたいことも言及したいと思います!

お母様とお子さんの理想の関わり方

fba7caea91b5e3a64490c682b4d1f532_s

お母さんが直接関わることが出来るのは、お子さんが学校や塾で出された「宿題」をしているときですね。

宿題は「授業でやったことの復習」という役割もありますが、「家庭学習の仕方を身につける練習」でもあります。
宿題だけやって終わる人と、宿題と同じやり方でそれ以外の内容を予習・復習までやる人とでは、当然成果も違います。
これも、「出来るか出来ないか」という能力の問題ではなく、「やるかやらないか」という行動の違いです。

お母様には、
「宿題やったの!?」
「まだやってないの!?」

とお子様に問い正す前に、
「今どんな勉強してるか教えてくれる?」
「お母さん英語忘れちゃったから、先生役になって私に教えてくれる?」

と聞いていただき、お子さんが「説明してみる」時間を作ってあげてください。

それが正しいか間違っているかはここでは問題ではないので、
「違う違う!そうじゃなくて…」
とご指摘いただかず、
「へー、そうなんだ!」
「なんでそうなるの?」
「それでそれで?」

といったリアクションがおすすめです^^

ここで変なプライドを持たず、お子さんからバカにされることも恐れない強い心が求められます(笑)

本当に賢い人ほどおバカになれるし、本当に強い人に限って優しいですよね。
以前V6の岡田くんが、ジャニーズの後輩に
「本当に強くなると、・・・優しくなれるぞ」
という名言を残したそうです(笑)カッコエエ・・・

そういう形なら少しの時間でもお子さんの勉強に関われますし、
結果だけを評価してしまいがちなお子さんの成績に対しても、
結果だけでなく勉強の過程に対して「褒める」機会が増えるはずです。

頑張りの過程を知っている人から褒められると、人間嬉しいものです。

忙しくて子どもの勉強に関われないお母さんへ

9a5b95574a12e469add6b2d7ff148837_s

とはいえ、
「そんな少しの時間も取れないし、私だって仕事に家事に忙しくて余裕ない!
というお母様は多いでしょう。
その場合は、「家庭教師」でその役割をアウトソーシング(外注)してしまいましょう。
家庭学習の姿勢を変える、という意味では学校・塾よりもダイレクトに家庭での様子を見てくれる家庭教師の方が効果が高いでしょう。

さすがにお母さんほどの影響力はないかもしれませんが、
傍について一緒に頑張ってくれる存在は大抵の場合プラスの作用を生み出します。

家庭教師選びの際に意識したいのは、
上述したような指導方法を実践してくれる先生を派遣してくれるか、という点。
つまり、事前にこちらの希望をヒアリングする「アンケート」や「電話相談」、「カウンセリング」などを実施しているかどうか、です。

今はたくさんの家庭教師派遣センターがありますから、
資料を取り寄せて比較するなどして見極めたいですね。

お子さんの勉強と一緒で、
お母さんが
「じゃあまた今度時間があるときに家庭教師について調べようかな…」
と思って後回しにするのではなく、
よし、さっそく資料を取り寄せてみよう!
すぐに行動に移す

そんな小さな1歩の積み重ねで、あなたとお子さんの未来が変わりますよ。


【どこの家庭教師がいいの?家庭教師を決める前に無料で診断《資料お取り寄せ》】
2018-06-15_111322

考えるよりまず行動!

塾を転々と渡り歩いても成績が上がらなかったあの子が
家では全く勉強せず、そのことで毎日口ゲンカしていたあの子が
勉強が出来ないことで自信をなくし、元気のなかったあの子が

今日という日を境に、

家で自分から勉強に取り組むようになり
それとともにテストの点数も上がり
勉強への自信を取り戻し毎日楽しく学校へ行ってくれる。

そう考えただけで、ワクワクしますよね。

あれこれ考えるよりも、まず行動。」
お母様が率先して行動する姿を見れば、
お子さんの行動が変わり、行動が変われば結果が変わります。

一歩踏み出すあなたとお子さんを、応援しています!


【どこの家庭教師がいいの?家庭教師を決める前に無料で診断《資料お取り寄せ》】
2018-06-15_111322